敏感肌と発疹

敏感肌という言葉は一般的に使用されています。

過去にかぶれの経験をもつ、アレルギー体質、月経・妊娠・更年期でホルモンバランスが崩れている、神経質で肌が過敏と感じる。

このようなことに思い当たる節がある人が敏感肌であると言ってよいでしょう。

一般的に敏感肌の人は何の障害を起こすものでない物質に対しても接触性皮膚炎を起こしやすいとされています。かゆみやほてり、痛み、発疹などの刺激に弱い肌のことを指します。

近年、敏感肌の人が増加していると言われています。そこには、ストレスや食生活住環境の変化に対応しきれていないのが原因だそうです。敏感肌とは言え、なんでもかんでも敏感に反応するわけではありません。

例えば、化粧水や乳液、クリームのすべてにかぶれるわけではなく、その中でも特定の成分に反応してかぶれます。

皮膚のトラブルはアレルギー体質だけが要因ではなく、季節の変わり目や月経・妊娠など体調の変化によって生じることもあります。ですので、敏感肌とそうでない境目は非常に難しいと思います。

乾燥肌での人に多い敏感肌。したがって、乾燥肌を予防する事でもケアすることができます。ですので、強くこすったりするなど、肌に刺激を与えないということも大切です。