アルギニンの働きと成長ホルモンの関係

アルギニンのサプリメントなんていうのを見かけることも増えてきたように
思いますがアルギニンとは一体どんなものなのでしょうか?
アルギニンは本来肝臓で他のアミノ酸が変化することによって体内でつくられます。
ですのでサプリメントなどでムリに摂取しなくても一定量は体内にあるもの
と考えて良いでしょう、ですので必須アミノ酸というものではありません。
必須アミノ酸とは欠けると栄養障害を起こす可能性が高いと言われている位
私たちの身体には大切なもので毎日の食事からの摂取が必要なものです。
しかしアルギニンは成長ホルモンと密接な関係にあるために成長期やストレス、
状態の時などには十分に摂取する必要があると言われています。
条件、状態によっては必須アミノ酸といったところでしょうか。
アルギニンは1975年、ワシントン大学医学部の教授がアルギニンとドーパの
併用により成長ホルモンを放出させるということを報告しています。
この成長ホルモンが放出されることでケガや傷の修復が進むと言うわけです。
アミノ酸の一種であるアルギニンの働きに注目
こちらのサイトでアルギニンに働きの詳細や効果などが説明れています。